西村美香

京都市生まれ。イギリスに1年間留学後 1987年に大阪女学院短期大学英語科を卒業し、キャセイ・パシフィック航空のグランドホステスとして3年間勤務。 1990年、オーストラリアへ移住し ディーキン大学教育学部入学。 中央砂漠にあるアボリジニーの学校から、英国のチャールズ皇太子氏が留学されたジロング・グラマー・スクールまで 幅広く教育実習活動をし、1993年に最優秀賞を受賞して卒業。 その後オーストラリア国立映画学校(AFTRS)で映画・テレビの制作を学び オーストラリア国営テレビ局SBSテレビのプロデューサー・ディレクターとして12年間勤務。 オーストラリアの芸術家やデザイナーを取り上げる番組を中心に 同国の芸術賞の受賞式にて受賞者を紹介するビデオなども制作。 1999年には ドキュメンタリー番組 Lin Onus – bridge between culturesがニューヨーク映画祭のドキュメンタリー部門にてファイナリスト・アワードを受賞。オーストラリアのルイス・ジョンソン・メディア・アワードも同年受賞。

2005年にアティカ·インターナショナルをシドニーに設立し、オーストラリアと 日本のアーティストや伝統工芸家とのコラボレーションを通して輸入卸売を始める。両文化の架け橋となる プロモーションビデオの制作も手掛けている。